一般社団法人建築都市保全再生機構
   〒604-0955 京都市中京区柳馬場通御池上る虎石町40-3
     TEL(075)241-6336 FAX(075)201-3474
本文へジャンプ
 



無料相談

セミナー案内

事例研究・見学会

工事公募情報

建物管理講座

保全再生学入門




 〒604-0955
 京都市中京区柳馬場通御池上る虎石町40-3
 TEL(075)241-6336
 FAX(075)201-3474


建物調査・診断

 
基本調査(建物劣化)

基本調査(建物劣化)                                  

調査部位:屋上防水・躯体・外壁仕上材(タイル、モルタルなど)・シーリング・塗装・外構など

調査方法:予備調査(設計図書等備付書類の調査、居住者アンケート調査等)

目視調査・指蝕調査・手の届く範囲の打診調査                 

調査内容:1.屋上防水   

目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

                  指蝕調査:硬さやもろさを確認

                2.躯体(コンクリート)

目視調査:ひび割れ、欠損、はがれ、剥落、鉄筋露出の有無などを確認

                  打診調査:テストハンマーで浮きの有無を確認

                3.外壁仕上材(タイル、モルタル)       

目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

                  打診調査:タイルや塗装下地のモルタルの浮きの有無を確認

                4.シーリング

目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

                  指蝕調査:弾力や硬さにより、劣化状況を確認

                5.鉄部、非鉄部塗装   

目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

                  蝕診調査:チョーキング、汚れの付着や固着強度などを確認

                6.鋼製建具・金物       

目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

                  開閉調査:実際にドアやサッシを開閉して、不具合の有無を確認

                7.バルコニー立ち入り調査(住戸サンプリング)

目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

                  指蝕調査:塗膜防水の厚みや弾力、トップコートのチョーキングの有無などを確認

                  打診調査:タイルや塗装下地のモルタルの浮きの有無を確認

                8.外構・附属施設       

目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

基本調査(設備劣化)

基本調査(設備劣化)                                  

調査項目:給水管、排水管、ポンプ、受水槽、電灯・コンセント設備等                        

調査方法:予備調査(設計図書等備付書類の調査、居住者アンケート調査等)

目視調査・サンプル調査・各調査機器による観察、測定等                           

調査内容:1.給水管       

外観目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)の確認

                                             保温材の湿り、弁類・配管継手部からの漏水などの確認

                2.排水管

外観目視調査:配管の破断、勾配不良、漏水の有無などを確認

                                             排水枡廻りで埋設排水管の勾配不良、排水障害の有無など確認

                3.ポンプ類

外観目視調査:外面の腐食、漏水痕、異常音の有無などを確認

                4.受水槽・高架(置)水槽

外観目視調査:劣化の状況(位置、範囲、程度等)を確認

                                             水槽本体の損傷の有無などを確認

                5.電灯・コンセント設備          

目視、作動確認調査:照明器具の損傷・点灯不良、

配線・配管の損傷の有無などを確認

詳細調査(建物劣化)

詳細調査(建物劣化)                                  

調査内容

1.屋上防水   

サンプリング調査:防水層の一部を切り取り、引張試験・折曲試験など

針入度試験・軟化点試験:アスファルトの劣化を調査

2.躯体(コンクリート)          

非破懐調査:躯体の強度を調べる反発度試験、

鉄筋の配筋状況を調べる電磁波レーダー試験

徴破懐調査:小径コア(φ2050mm程度)を採取し、コンクリート中性化試験、

鉄筋のかぶり厚さ、仕上材の厚みや状況を確認

局部破懐調査:標準コア採取試験(コンクルート強度の試験、成分、調合の分析)

3.外壁仕上材(タイル、モルタル)       

塗膜付着強度試験:塗膜の付着強度の調査

タイル付着強度試験:タイルの付着強度の調査

4.シーリング

サンプリング試験:ダンベル引張試験を行う

5.鉄部、非鉄部塗装   

塗膜付着力試験:テープによるクロスカット試験により、付着力低下度を確認

6.鋼製建具・金物       

詳細調査:サッシなどを外して部品の品番や各部の寸法を確認

7.バルコニー立ち入り調査(住戸サンプリング)

残存膜厚調査:塗膜防水の残存膜厚を確認

詳細調査(設備劣化)

詳細調査(設備劣化)                                  

調査内容          

1.給水管       

水圧測定:1栓全開、2栓全開で住戸内水栓器具側にて末端水圧を測定し、

流速・流量状況を確認

              水質調査:住戸内水栓器具側より、水道水を採取し、

PH・残留塩素・赤水の吐出の水質の状況を確認する

              内視鏡調査:給水栓を取り外し、ファイバースコープを管内に挿入し、

さびこぶの発生程度、閉塞量などを観察する

              サンプル配管調査:腐食、減肉の状況を観察する

2.排水管       

内視鏡調査:小口径配管の腐食状況、付着堆積状況を確認

              サンプル配管調査:腐食減肉量を測定し、残存耐用年数を推定

3.ポンプ類

絶縁抵抗値測定:電動機の絶縁値を測定し、漏電の有無を確認

4.受水槽・高架(置)水槽       

内面目視調査:水槽内の汚損、付属機器の状況などを確認

              動作確認:ボールタップの作動などを確認

5.電灯・コンセント設備          

絶縁抵抗値測定:配線、スイッチ類の絶縁抵抗値を測定し、漏電の有無を確認

              安定器電圧測定:蛍光灯内部の安定器の劣化状況を確認

              状況確認:プルボックス内部の結線部分の状況を確認

 

 AU  HOME / NEWS / AURとは / 業務実績 / Q&A / お問合せ / アクセス / リンク集
 建物調査・診断 / 長期修繕計画 / 大規模改修 / 設備改修 / 耐震診断 / 建築都市再生 
 無料相談 / セミナー案内 / 工事見学会 / 工事公募情報 / 建物管理講座 / 保全再生学入門
   Copyright © 2011 AUR All Rights Reserved